TOP製品紹介宇宙機器宇宙機器

SPACE

宇宙機器

宇宙産業は新たな変革期を迎えています。官需依存型から民間主導へ、打上げ機や衛星の小型化・低価格化、IOTやビッグデータの流れを背景に派生ビジネスが拡大する中で、当社はその担い手となるリモートセンシング技術の中核、各種衛星バス機器、宇宙状況監視等、広範な製品を取り扱っています。

衛星ミッション機器


気象衛星ひまわり8/9号には当社が代理販売を行う米国Harris社製イメジャーが搭載されています。静止軌道からの全球観測画像は日本のみならずアジア・オセアニア地域への配信もされ、国際的な貢献度も非常に高いです。また、同社が供給する温室効果ガス観測センサは、我が国の温室効果ガス観測技術衛星2号(GOSAT-2)の「目」として世界中が注目する気候変動の将来予測の基になる観測データを収集します。

Harris社のミッション機器概要: https://www.harris.com/what-we-do/space-payloads-and-electronics

※画像出典「1枚目:気象庁HP、2枚目:三菱電機㈱」

衛星バス機器


人工衛星の本体(剛体)部を衛星バスと呼び、当社は衛星バスに搭載する米国Honeywell社製機器を国内衛星メーカーへ供給しています。
衛星の姿勢を制御するCMG(Control Moment Gyroscope)やRWA(Reaction Wheel Assembly)、衛星内部で発生する振動を抑制するVibration Isolator等が代表的な製品です。

※画像出典「Honeywell」

宇宙状況監視システム


宇宙デブリの増加に伴い人工衛星の運用リスクが高まっています。豪州Electro Optic Systems社は優れた光学センサ技術を基に地上局から得られる監視データを自国のみならず米国政府へも提供しています。日本においても商業衛星のリスク管理、並びに安全保障の観点から宇宙状況監視の必要性が高まる中、同社の卓越した技術を広く紹介しています。

※画像出典「EOS」

製品紹介一覧へ